クリスマスには簡単、手作りのサラダが食べたい

クリスマスに簡単に手作りできるおしゃれなサラダの作り方

クリスマスに簡単に手作りできるレシピを探している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

サラダだと誰でも食べることができるので、作ってみることをお勧めします。予算が気にある方もいらっしゃるはずですが、日常に使用する食材で作ることができるため、心配する必要はありません。

じゃが芋と人参、キャベツやミニトマト、ブロッコリーがあればクリスマスツリーのサラダを作ることが可能です。

作り方としては、じゃが芋と人参を洗って皮をむきます。じゃが芋と人参をさいの目に切り茹で、茹で上がるとマヨネーズとお酢を入れ混ぜ合わせます。酢を入れると酸味が含まれ、より美味しくなりますが、温かいうちに混ぜることがポイントなります。

冷めてから混ぜると、マヨネーズやお酢がじゃが芋に染み込まず、味が上手く馴染みません。

次は盛り付けとなりますが、お皿の上に千切りしたキャベツと盛り付けます。その上にじゃが芋と人参をツリーの形にして盛り付けます。

徐々に形を細くしていくこと、ツリーらしく見せることができます。ツリーの形にしたじゃが芋と人参に、茹でたブロッコリーやミニトマトを飾り付けると完成です。

人参を小さな星形に切り茹でておくと、ツリーの上に飾りつけることができ、よりツリーらしくおしゃれに見せることができますが特別な日ということで高価な食材を使用しなくても、工夫次第で特別な料理を作ることができるため、挑戦してみることをお勧めします。

クリスマスに人気レシピを利用して行うサラダの作り方

クリスマスは、一年の中でも特に人気の高いイベントの一つとして、小さなお子さんのいるご家庭から、大切なパートナーのいる方、友人同士でパーティーをするなど、様々な人が楽しみにしている特徴があります。

クリスマスというとプレゼントを贈ったり、豪華なディナーを食べたりすることが一般的ですが、どこかレストランに行くよりも、自宅でゆっくりクリスマスを過ごしたいと考える方も少なくありません。

そこで少しでもイベントを盛り上げる食事を作るためにも、クリスマスにピッタリのレシピを利用してオリジナルのディナーを用意したいと言う方が増えてきています。クリスマスというとチキンや様々なオードブルのレシピが注目されがちですが、どうしてもお肉類ばっかりになってしまい野菜不足になりがちです。

しかし小さなお子さんなどは野菜が苦手な方も少なくないので、生野菜を利用したサラダでは十分に野菜を食べてもらえないといったお母さんの悩みも少なくありません。

そこで小さなお子さんでも食べやすいサラダのレシピを利用した作り方として、おすすめなのが「エビとブロッコリーのサラダ」です。

エビはカクテルサラダなど小さな小エビを利用した物が主流ですが、クリスマスなど大きなイベントなら大きめのエビを使うとボリュームがグッと出ますし、青臭さが少ない茹でたブロッコリーと合えることで、野菜が苦手な方でも美味しく食べることが出来ます。

味付けはシンプルにマヨネーズ、オリーブオイル、塩コショウがおすすめです。

クリスマスに食べたいコストコのサラダ

コストコのクリスマスの人気商品に鳥を一羽丸ごと使った「ロティサリーチキン」699円があります。

コストコでチキンを買えば合わせてサラダも買いたいものです。コストコのサラダは、いくつかありますがどれもリーズナブルな値段で大容量が有名です。

中でもおすすめなのは焼肉屋や韓国料理店で知られるチョレギサラダで、コストコのものはそれにサーモンが入っている「サーモンチョレギサラダ」です。

野菜類はミニトマトにレタスやきゅうり等たくさんの種類が入っています。ごま油とにんにくの香りのチョレギソースと韓国のりもついています。

クリスマスにチキンを買ったら是非買い求めたいサラダで肉に魚に野菜と栄養バランスがとても良く、見栄えの良い料理になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする