クリスマスケーキは手作りがいい?それともお取り寄せケーキ

手作りクリスマスケーキの簡単レシピとデコレーションのコツ

クリスマスケーキを手作りする際の一番のポイントはスポンジ作りです。

ふっくらと膨らんだきめの細かいスポンジさえ作ることができれば、ほぼ完成したと言っても過言ではありません。

失敗しないスポンジのレシピは、まず材料として卵3個と砂糖90グラム、薄力粉95グラム、バターと牛乳がそれぞれ30グラムで、事前に卵を常温に戻し、バターと牛乳を湯煎して溶かしておきます。

ボウルに卵を入れてほぐし、砂糖を数回に分けて入れながらよく混ぜます。

全体が白っぽくなりもったりするようになったら、ふるいにかけた薄力粉を少しずつ入れながら切るように混ぜ合わせます。

溶かしておいた牛乳バターを少しずつ加えながら更に混ぜ、シートを敷いた型に生地を流し込み、型を打ち付けて大きな気泡を潰した後、170度のオーブンで30分焼きます。

表面にきれいな焼き色が付いて、竹串を通して生地が付かなかったらスポンジの完成です。

後は市販のホイップクリームとイチゴなどのフルーツ、サンタクロースなどのクリスマス用の砂糖菓子を用意してお好みでデコレーションを施せば簡単クリスマスケーキの完成で、対角線を意識して配置することがデコレーションのコツです。

オーブンが無い家庭や、どうしてもスポンジ作成に自信が無い場合は、市販の大きめなバウムクーヘンを利用してもよいでしょう。

通販によるお取り寄せで忙しい方もクリスマスケーキの購入を

クリスマスに必要なものと言えばクリスマスケーキがありますが、ご自身で作られる方もいればケーキ屋などの店舗で購入する方など、様々にいることでしょう。

しかし現在では、家事や仕事などで忙しいという方も多くおり、そのような方がクリスマスケーキを求めるには通販によるお取り寄せが大変おすすめになっています。

通販でのお取り寄せでは、全国各地の有名な店舗やデパート、コンビニなど予約さえしておけば、希望する日時に配送してくれるというメリットがあるので、使わない手はありません。

出張中でご自宅に帰れないという方も、ご家庭にクリスマスケーキが届く仕組みなので、お子様も奥様も大変喜ばれるはずです。

通販では、ケーキの種類もチェックするのが大変なほど豊富にあり、価格帯にもご予算に合わせて購入できるのが魅力の部分です。

予算に合わせてクリスマスケーキのお取り寄せを考えよう

クリスマスケーキは近所のお店で購入するのではなく、お取り寄せを利用したいと考えている方もいるでしょう。ここで問題になるのが、実際にお取り寄せを利用する際にどのくらいのお金が必要になるのかという点です。実際の価格に関する問題は、利用するお店によって異なります。そこでクリスマスケーキのお取り寄せを考えているのであれば、最初に予算を設定するようにしましょう。

最初に予算を決定することによって、どのようなお店を利用するのか候補を絞りやすくなります。利用できるお店の選択肢は全国各地に存在しているので、どのような種類のケーキがいいのかという点から絞っていくことも可能です。また候補選びで迷ったら、利用者の口コミを参考にするのも1つの手です。

クリスマスケーキは24日と25日、いつ食べるのが正しい?

日本でクリスマスケーキが最も売れるのは、クリスマスイヴにあたる24日です。

25日になるとケーキが割引価格で販売されているお店もあり24日に食べるのが正しいと思われがちです。しかし、キリスト教徒が多いアメリカやイギリスでは25日にクリスマスケーキをはじめチキンといったご馳走を食べます。

その理由は、クリスマスというのはイエス・キリストがこの世に誕生したことを祝う日に由来をします。24日のクリスマスイヴはキリストの母である聖母マリアが産気づいて馬小屋に入り、出産準備をした日です。

つまり、24日はまだキリストが生まれていなくてお祝いを行なうのはおかしいという訳です。25日の明け方、ベツレヘムの星が輝いた時間に生まれたので25日が正しいといえます。

いつ食べるのがいいのか気になる方には25日に食べるのをお勧めしますが、クリスマスの雰囲気が最も盛り上がる24日に大切な人たちとご馳走と一緒に味わうもいいでしょう。

コンビニのクリスマスケーキは期待値以上の実力

クリスマスケーキを毎年どこで購入するか、考えるのが楽しいという方も多いです。ケーキ店や洋菓子店で注文するのももちろん良いですが、コンビニにもクリスマスケーキがあることをご存知でしょうか。

クリスマス当日に店頭に並ぶ数量は店舗によりますが、あまり多くはありませんので、見たことがない人もいるかもしれません。

コンビニのクリスマスケーキは店頭に置いてあるカタログから事前に発注します。店頭だけでなく、ネットから注文し、店頭で受け取りも出来るので、最寄のコンビニで受け取れるようにしておくと大変便利です。

クリスマスケーキ限定の有名店とのコラボ商品が出ていることもあり、身近で品質の良いケーキが手に入りますので、ぜひチェックしてみて下さい。

人気のお店のクリスマスケーキは早めに予約するのが確実

クリスマスケーキはおいしいお店のものが食べたい、という方は人気のケーキ店に早めに予約をしておくと当日好みのものを手に入れることが出来ます。多くのケーキ店では、早いうちにクリスマスケーキの予約を受け付けています。有名店ではすぐに完売してしまいますので、早めの予約が確実です。

当日でも販売しているお店も多数ありますが、自分が好きなショップで販売しているかは当日にならないとわかりませんし、売り切れを防ぐためにも確実に手に入れたいのであれば早めの予約が安心です。

ネットで予約が出来るお店も増えていますので、早期に注文してみてはいかがでしょうか。お店によっては早期注文で割引が適用になるケースもありますのでお得です。

サーティーワンのクリスマスケーキの予約は1ヶ月前から開始

大手アイスクリームチェーン店のサーティーワンでは、毎年クリスマスの1ヶ月前からクリスマスケーキの予約を開始しています。

予約で販売されるケーキは毎年デザインが異なっており、クリスマス当日の店頭販売はなされておらず予約でしか購入出来ないオリジナル製品なのが特徴です。デザインはディズニーキャラクターとスヌーピーの2種類があり、全てアイスクリームで作られているアイスケーキです。

クリスマスケーキを予約した方には、サーティーワンオリジナルのノンアルコールシャンパンが1本景品として付いているのも恒例です。

予約はサーティーワンの店頭だけでなく、公式ホームページ上からでも行なえて受け取りは最寄りのサーティーワンで行なえます。

クリスマスケーキにりんごケーキを選ぶメリット

クリスマスケーキにりんごが使われるのは生産地の洋菓子店に多く、青森や秋田に福島などから長野に群馬でもケーキに使用しています。日本で育てられている品種の多くは秋から冬にかけて収穫するものが多く、クリスマスケーキにりんごが使われたものを選ぶことは旬のフルーツが使われているため、高い栄養価がありうまさも抜群のケーキを食べることができるメリットがあります。

りんごを長持ちさせるために低温保存されることが多く、冬場は鮮度を保つことにも適した季節です。皮をむくと酸化して茶色く変色しやすいことから、家庭でクリスマスケーキに使用する場合はできるだけ皮付きのまま使うようにするといいでしょう。皮をむいて使う場合には、塩水かレモン水にひたすと酸化しにくくなります。すりつぶして使用するときやキャラメルソースなどでコーティングするのであれば、ひたす必要はありません。

りんごを凍らせるとしゃりっとした食感と甘みのアップが期待できるので、アイスケーキを作ってクリスマスケーキにすることが可能です。甘みがあまり強くないりんごは焼いて使っても、甘み高めることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする