クリスマスパーティーはローストビーフで!

クリスマスシーズンにローストビーフを食べることが多いのはなぜ?由来は?

クリスマスやイブの日などに、ローストビーフを食べるという方は多いです。ちょっと前は、いや今もですがチキンが食卓に
出てくる慣習があり、これは七面鳥の代わりだと推測できるのですが、なぜローストビーフなのかという疑問はどうしても持ってしまいます。理由は特になく、クリスマスはお祝い事ですから、いつもと違う少し豪勢なものをということで始まったようです。

国によって、家庭によってビーフだったり、鍋を囲んだりさまざまな食を彩る方法は異なります。強いて言えば西洋ではお祝い事などはディナーでローストしたお肉を出すという慣習はありますから、そのあたりが由来かもしれません。ちなみにフランスなどではウサギの肉を食べることがあるとのことです。いやこれは日本では間違いなく流行らないでしょう。

クリスマスの定番料理!ローストビーフの簡単な作り方・レシピ

食卓に並ぶと豪華に見えるローストビーフはクリスマスにぴったりな料理です。そんなローストビーフの簡単なレシピをご紹介します。

材料は牛もものかたまり、ニンニク、塩胡椒、ソースはサラダ油、赤ワイン、トマトケチャップ、ウスターソース、バターです。

まず牛もものかたまりに塩胡椒とすりおろしたニンニクを満遍なくすり込みます。そして熱したフライパンに油をひき、肉の表面に焼き色をつけていきます。

焼き色がついたら200度に熱したオーブンに入れて15〜20分焼けば完成です。

ソースは肉汁が残ったフライパンに上記の材料を入れて混ぜれば出来ます。

薄く切ったローストビーフの上にかけてお召し上がり下さい。

このようにローストビーフの作り方は簡単なので、是非手作りしてみて下さいね。

クリスマスはローストビーフのお取り寄せが人気です

クリスマスに食べたい料理で人気があるのが、ローストビーフです。忙しい年末に自分で作るよりは、お取り寄せをすることで手間も省けますし自分で作るよりもおいしいというメリットもありますので、自分で作る暇がない方や作り方がわからないという方は利用してみてはいかがでしょうか。

お取り寄せはとても簡単で、ネットで注文するか店頭で予約をする形になります。ネット通販なら自宅に居ながら簡単に購入することが出来ますし、自宅に届けてもらえますので買い物に行く手間も省けます。お取り寄せは日常的にあまり利用しない、という方でもクリスマスの時くらいは贅沢したい、という方も多いため近年クリスマスのオードブルはお取り寄せが人気です。

クリスマスのローストビーフは妊婦さんや子供でも安全です。

クリスマスに欠かせないローストビーフですが、妊婦さんや子供さんでは食中毒の危険を感じている方も多いことでしょう。

年末など病院も空いていませんので、妊婦さんは特に心配になります。ローストビーフの肉は赤いのですが、火はしっかりと通っているので安全です。パサパサになりがちなお肉を柔らかく保つテクニックで、表面部分を強く焼き付けた後、オーブンでじっくりと焼いているのです。

そのため菌も温度によって死滅しているので安心して食べることができます。菌は内部にはいない上に、加熱処理されているのでお取り寄せなどで購入しても安全に食べることが可能です。

クリスマスは子供も大人も大好きなローストビーフがあると食卓も華やかにすることができることでしょう。

クリスマスに人気のローストビーフを購入できるお店をチェック

クリスマスのディナーには、チキンなどのお肉類は欠かせないメニューの一つとなっています。

チキンなどもおいしいですが、ワインなどお酒などをメインに楽しむという大人の方は、チキンよりもオーストビーフなどをメインに持ってくるという方も増えてきています。

ローストビーフは家庭でも作ることは十分に可能ですが、品質の良い牛肉のブロックを用意する必要があることや、絶妙な火加減で調理をすることが出来ないと、中まで火が通り過ぎる状態になり味の品質が落ちてしまう恐れがあります。

そこでローストビーフが人気のお店を口コミ情報サイトなどを参考にしてチェックし、クリスマスに購入するという方も増えてきています。予約が出来るお店なら事前に予約をしておくと安心です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする