クリスマスにローストチキンを食べるワケは〇〇だった!

クリスマスにローストチキンを食べるのはなぜ?その由来とは。

日本ではクリスマスにはスーパーやコンビニにもローストチキンが並べられ、チキンを食べる習慣が定着しています。

ところがこれは日本独特のもの、アメリカではクリスマスに食べられるのは七面鳥の丸焼きです。生活が苦しかったアメリカ開拓時代、七面鳥を一羽丸ごと焼けば家族全員がお腹いっぱい食べられたことが由来といわれます。

七面鳥は1970年代頃までは日本も食べられていましたが、最近はほとんど見かけません。それでは、なぜ七面鳥ではなくローストチキンを食べるようになったのでしょう。

日本でクリスマスにローストチキンを食べられるようになった由来は、企業の販売戦略といわれています。1970年は名古屋にKFC(ケンタッキーフライドチキン)の1号店がオープンした年です。

「クリスマスにはローストチキン」というイメージを宣伝で広めたことから、この習慣が日本で定着したといわれているのです。

クリスマスに最適なローストチキンの作り方のレシピ

共働きの家庭が増える中で人気が高まっているのは、手軽に作れるクリスマス向けの料理のレシピです。

特にオーブンを使った作り方が注目されており、その中でも丸鶏の本格的なローストチキンが評判です。調理する前に塩コショウで下味をつけるのが一般的ですが、お好みに合わせてガーリックも使うのがポイントです。

またレモン汁を入れるとさわやかさが増し、ハーブを使うと個性的な味わいを楽しめます。

加熱する時間は大きさによって異なりますが、1キロ程度の標準的なサイズの場合には70分程度です。

そして見た目を美しくするためには、野菜などを添える必要もあります。

ニンジンやブロッコリーなどを完成したローストチキンに付け加えると、より一層見た目が美しくなります。

クリスマスのローストチキンはお取り寄せが人気です。

ローストチキンはクリスマスに欠かせないメニューですが、いざ作るとなると大きなオーブンが必要ですし、下味をつけて焼き上げるには1日以上準備に費やさなければなりません。

スーパーなどでも手に入れることができますが、クリスマスの当日に出かけていかなければならず、美味しいものが手に入るかも確実ではないのです。

最近人気なのが、ローストチキンのお取り寄せです。事前に予約していれば、クリスマス当日に家まで届けてもらえるため、手間がかからずパーティー準備をすることができます。

人気のローストチキンになると早めに売り切れてしまうこともあるので予約を必ずして起きましょう。

プロの大型オーブンで作られたローストチキンは本格的な味わいです。

クリスマスに人気のローストチキンのお店について

クリスマスに人気のローストチキンのお店は、たくさんありますが、特におすすめなのはケンタッキーフライドチキンのものです。

この店を知らない人はいないと思いますが、オリジナルの粉で揚げられたフライドチキンは他のどのお店にも真似のできないとても美味しい味です。そこがクリスマス限定で出すローストチキンも絶品です。

ただし、オリジナルチキンとは違って粉は別のものが使われていますので、勘違いしないように注意が必要です。クリスマス当日でも何とか手に入れることはできますが、安全に予約しておくことを推奨します。

クリスマスケーキも販売していますので、あわせて購入すれば一石二鳥でしょう。皆さんも是非お試しをしてみてください。

クリスマスシーズンにはコストコのローストチキンが人気

クリスマスシーズンになると、コストコではローストチキンが飛ぶように売れていきます。このローストチキンは、鶏を丸ごと一羽グリルで丸焼きにしている商品です。一口食べるとお肉がとても柔らかい上に、肉のジューシーな味を口の中で濃厚に感じることができます。

また、まるごと1羽の鶏の丸焼きはインパクト抜群で、クリスマス時期の家庭の食卓を豪勢に見せてくれます。子供も大喜びしてくれるので、かって損は無い食品と言えます。

しかも、ローストチキンの価格は699円と非常にリーズナブルなのも魅力です。クリスマスシーズンにスーパーでローストチキンを販売しているのを見かけますが、およそ1羽2千円くらいすることが多いです。

美味しい食品がコストコではすごく安く購入できるので、人気があるのも頷けます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする