大掃除を手際よく終わらせるには〇〇のポイントが大事

アルカリ洗剤が換気扇の大掃除にオススメ

できればギトギト油汚れには触りたくないと、換気扇の掃除は先延ばし手している人が多いでしょう。
でも、年末になってから換気扇の大掃除であわてるのは大変です。

こまめにチョコチョコ清掃していれば良いのですが、なかなかそうもいかないのが現実かもしれません。

油汚れは酸性なので、重曹を溶かしこんだぬるま湯につけ込んだり、アルカリ系洗剤で汚れを浮かすのが基本です。
一度ではキレイにならないことも多々ありますので、気長にじっくり清掃するのがオススメでしょう。

長期間放置していて油とホコリと混在していると、頑固汚れとしてなかなか落としきれないケースあかもしれません。
高温での高圧洗浄やプロに一度依頼するという手もあります。

裏ワザ覚えて効果的な大掃除を

1年に1度の大掃除は、普段掃除することができないところをしっかり綺麗にする良い機会です。

しかし、効果的にしていかないと時間と手間ばかりがかかってしまいます。そこでいくつかの裏ワザを覚えておくと効果的です。たとえば、窓ガラスを綺麗に磨く方法として、新聞紙が有効です。

新聞紙を丸めて水にぬらして拭いていくと驚くほど綺麗に汚れを落とすことができます。次に網戸の掃除では、片面ずつやっていくと汚れが反対面に移動してしまうので、両側から挟み込むようにして雑巾がけをすると良いでしょう。

さらにサッシの溝に溜まった汚れは、刷毛や歯ブラシを使ってホコリをほぐしながら、最後は掃除機で吸いとります。
爪楊枝を使うとより細かなごみまでしっかり除去できます。

大掃除をするときは順番に気をつければ効率的に進みます

新年を迎えるにあたってはさまざまな準備をしなければなりません。大掃除もそのうちの一つです。

多忙な時期ですので、大掃除を要領よくやっていくことで効率をあげたいものです。そのためには順番が非常に重要なポイントとなってきます。

まず大掃除にとりかかる前に、不用品の処分を行っておくことが大切です。できれば11月ごろから着手するのが望ましいでしょう。というのは、不用品の処分には結構な手間がかかりますので、掃除と同時進行の形では進められないからなのです。

次に、キッチンや風呂場の水回りの掃除をします。大掃除の作業がやりやすいように、キッチンや流し台などといった水回りをきれいにしておくと、その後の作業が円滑に進んでいくのです。

そして、手間のかかる換気扇やコンロ周まわりの掃除にまいります。

大掃除の風呂掃除でカビ取りを効果的に行う方法

家の中でもお風呂場は、湿気が多くて汚れが発生しやすい場所と言えます。特にお風呂場の壁や床、目地などにカビが繁殖していることが多いです。そのため、毎年、きれいにするために大掃除に手間と時間がかかってしまいます。

カビというと頑固でなかなか取り除けないイメージがありますが、効果的にカビ取りできる方法があります。それは、カビ取り剤を染み込ませたキッチンペーパーでパックをしてからブラシで擦るだけです。

そもそもカビは菌糸という植物の根のようなものを伸ばして繁殖していく性質があります。奥まで根を張っているので、ただ表面をゴシゴシ擦るだけでは落せません、その点、カビ取り剤をパックで根まで浸透させれば、カビが弱体化するので落としやすくなります。

大掃除に活躍するケルヒャー製品の利点

ケルヒャージャパンの販売するスチームクリーナーは大掃除の時に活躍します。蒸気の力で掃除したい部分を強力に洗浄します。フローリングの床や机などは、普段からお掃除していれば、それ程汚れません。対してガスコンロやお風呂場やバルコニーはどうでしょうか。そもそも普段はあまりお手入れをしない部分なのが実態です。

一年間の汚れが蓄積した部分は、普通にお手入れをしても、なかなか綺麗になりません。ケルヒャーのスチームクリーナーならこびりついた頑固なダメージも綺麗にメンテナンス可能です。更に蒸気のパワーで除菌の方もしっかりと施してくれます。基本は水ですので、水で濡れても良い素材や部分なら何でもクリーニング出来るのがメリットです。

2階の窓に役立つ大掃除方法

意外と大変なのが、足場のない2階の窓の大掃除です。なかなか満足いくほどキレイにするのは難しいのですが、おすすめの方法をご紹介していきます。

まず、重要なのが道具選びです。イメージとして、水を使ってじゃぶじゃぶと洗うことを連想すると思いますが必要最小限の道具を選ぶこともポイントとなります。ここでお手軽なのが、お掃除用ウェットシートです。使い捨てで安価なのが良い点です。ペーパーモップを使用すれば、遠くの届きにくいところでも安全な場所からきっちり掃除できます。

ウェットシートだけで終わりではありません。最後にタオルで乾拭きして完了です。先程のタオルモップに巻きつけ使用すれば、タオルでも十分拭けます。落下防止にも最適です。

高層マンションの窓が汚いとき大掃除をする方法について

年末に大掃除をすることで、蓄積された汚れを拭い去ることができ、清潔な状態で新年を迎えることができます。高層マンションの場合、窓は安全性を考えて開閉する幅が狭められていることがあります。

しかし窓の表面には大気中の汚染物質や黄砂、鶏の糞などがついて汚れてしまうことがあります。基本的にマンションの管理組合が契約をしている清掃業者が窓を外側から一気に定期的に掃除をすることが一般的です。

ただ窓の溝部分などはそれぞれが行うことがあるので、開ける限界部分まで開けてから掃除を行う方法をとることが必要になります。無理に手を出してしまうと、あやまって掃除道具を落としてしまい迷惑をかけてしまうことがありますから、届く範囲で布拭きをするようにします。

大掃除で吹き抜けの窓をきれいに掃除する効果的な方法です

大掃除のときは隅から隅まできれいに仕上げると気持ちがいいものです。とりわけ、吹き抜けの窓を美しく掃除すれば、より一層開放感が得られて快適感が倍増すること必至でしょう。

とはいえ掃除が大変なことも事実です。高い場所にある窓には手が届かないというので、その掃除方法に悩んでいる人は少なくありません。中には家が出来上がってからというもの、一度も掃除をしていない人も多いのが事実です。

そんな吹き抜けだからこそ、大掃除のときにきれいにすれば家全体が明るくなります。なるべく柄の長いハンディーモップでもって埃を落とし、水拭きを行います。

そして、下に落ちた埃を掃除機か雑巾でとっていくことも忘れてはなりません。安定した足場の上で作業をするのがポイントです。

窓の面格子を大掃除するための方法がある

窓の面格子は、防犯のために窓を破っても入れないように作られています。大掃除で綺麗にするなら、水を使う方法てみできるでしょう。

掃除のためにわざわざ何か必要と言うわけでもなく、水をかけて拭き取ればだいぶ綺麗な状態になるからです。綺麗な状態を保つためになるべくコーティング剤を使って表面を保護すると効果が長続きします。

掃除の時にはしつこい汚れには薄めた中性洗剤を布に染み込ませて拭くと取れやすくなります。窓専用の洗剤も面格子には使えるので、窓と合わせてセットでやっておくと完璧です。

一度にやれれば手間ひまをかけることなく終わらせられますし、効率的に終わらせられます。
大掃除の中でもやりやすい事なのでやってみると良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする